探偵大辞典

探偵大辞典は、興信所に関連する用語を解説したサイトです。

利用に関しては、当サイト利用規約を読んでから、ご利用下さい。探偵大辞典へのご質問、問い合わせは利用案内からどうぞ。
Topへ
当サイトについて
免責事項
著作権について
ご意見・要望
組織・団体
盗聴関係
盗撮関係
離婚関係
調査の種類
調査手法
調査機材
法律・法令
料金体系
探偵学校
その他
サイト内検索
Google

WWW を検索
tantei-jiten.com を検索
探偵や興信所を選ぶ方法

当サイト「探偵・興信所大辞典」には、探偵や興信所に関係する用語やその用語の詳しい説明について、 必要な情報の収集・掲載しています。

「探偵について知りたい。」と一度でも考えたことはありませんか?探偵小説を読みだし、探偵に興味を持ちだした後辿り着くのは、日本の探偵事情や実際の探偵になるためには、どのような情報が必要なのかやどうすれば探偵になれるのかなのかもしれません。
日本の探偵の仕事は、海外の探偵の仕事都比べれば地味に映るかも知れません。海外の探偵は、多くの小説やドラマファンの心をくすぐる、事件調査への関与や、独自調査が行える国があるからです。しかし、だからといって、国内の探偵の出番がないのか?と言われると、まったくそうですはありません。探偵の存在や仕事を知っていれば、日本の探偵は日本の探偵で、もっと身近なシーンで人の生活の中で役立っている存在であることがわかります。

当サイトをご利用のみなさまへ。
当サイト「探偵・興信所大辞典」を利用する前に、 免責事項・著作権についての利用規約をよく読み、記載の条件に同意された場合のみ、 当サイトをご利用下さいませ。

当サイトに掲載されている全ての情報について、 細心の注意を持って慎重に作成管理しておりますが、その正確性および完全性などに関しまして、 必ずしも確証するものではありませんので、改めてご了承くださいませ。

また、当サイト内のすべての文章や画像及びコンテンツなど、二次利用・転載つきましては固くお断りいたします。



組織・団体
探偵とは
興信所
用語「探偵事務所」
探偵団
社団法人 日本調査業協会


盗聴関係
盗聴
アナログ盗聴
デジタル盗聴
盗聴事件
盗聴現場
盗聴マニア
無線マニア
盗聴器
盗聴器(偽装型)
盗聴発見講習
盗聴発見器
  広帯域受信機
  ハンディ受信機
  RF探知機
  八木アンテナ
  ディスコーンアンテナ
  ロケーションアナライザー
  金属探知機
  ファイバースコープ
  盗聴発見器レンタル
  アッテネーター


盗撮関係
盗撮
盗撮カメラ
盗撮事件
盗撮現場
盗撮マニア
監視カメラ
偽装盗撮器
盗撮発見講習
盗撮発見器

離婚関係
離婚
離婚カウンセラー
離婚調停
離婚裁判
裁判所
慰謝料
親権
養育費
弁護士
行政書士
離婚協議書
協議離婚
離婚届
離婚率・離婚件数
離婚相談
離婚費用
法定離婚原因
離婚訴訟


調査の種類
調査
浮気調査
素行調査
盗聴盗撮発見調査
連絡先調査
企業信用調査
個人信用調査
家出調査
車両調査
勤務先調査
婚前調査
資産調査
身辺警護調査
特殊調査
犯罪調査
いやがらせ調査
ペット捜索調査
出身地調査
  差別調査
科学鑑定調査
  DNA鑑定
  声紋分析
  筆跡鑑定
  指紋鑑定
無料公開調査
海外調査
調査報告書


料金体系
完全成功報酬
単発調査
パック料金
着手金
成功報酬
諸経費
追加料金
割り増し料金
深夜料金
延長料金
調査手法
尾行
張り込み
聞き込み
  電調
  電話での聞き込み
  現場での聞き込み
潜入調査
下見調査
  予備調査
データ調査


調査機材
カメラ
  暗視カメラ
  赤外線カメラ
  望遠レンズ
赤外線投光器
ピンホールレンズ
ICレコーダー
集音マイク
ポータブルバッテリー


法律・法令
用語「探偵業法」
調査契約書
個人情報の保護に関する法律
ストーカー規制法
大阪府条例


探偵学校
用語「探偵学校」
学科講習
実技講習
通信教育


その他
探偵小説
探偵社を選ぶポイント

探偵大辞典について

当サイトは、
「探偵事務所に調査を依頼したいと思い、ネット上で検索して該当するサイトを見たけれど、 専門用語が多すぎて難しかったので、まずは用語の意味について学びたい」
「探偵の使っているグッズや機材について、調べている」
「将来探偵業に興味があるので、 まずは興信所に関する言葉やその使い方から学んでいこう」
など、 それぞれの疑問に合わせて、探偵に関する色々な情報を知ることになります。 またこの探偵大辞典を読むことで、調査に使用されるカメラやその他の機材、探偵の調査方法などが見えてくるはずです。
調査を依頼する前に、探偵がどういった方法で依頼の調査を行うのかを事前に知っておくことも重要です。
探偵の調査には、さまざまな法令が関係しており、違法な調査を行った場合、探偵だけではなく、依頼をした人も責任を負う可能性があるのです。
そのため、探偵がどういった調査を行っているのかを事前に知っておき、依頼をする探偵事務所、興信所にどのような手段で調査をするのか、確認をとれるようにしておくことが大事です。

ストーカーやいじめ問題への対策

例えば最近、ニュースなどで取り上げられることの多い、ストーカー問題やいじめ問題。ストーカーに関しては、警察に相談に行くのは当然ですが、言葉だけ説明しても、なかなか実際の状況、どのくらい恐怖を感じているのかなどが理解してもらえず、被害の相談が多い分、後手に回りがちになってしまいます。そんな時、届を出す前にある程度被害状況を探偵や興信所に調査依頼し、証拠の取得をしておくことで、警察に正しく被害を日回してもらえ、早急に動いてもらうことも可能だと考えられます。
ストーカーやいじめの対応は早い段階で行動しないと取り返しのつかない事態になってしまう可能性もあります。
そのため、事前にストーカー被害やいじめ問題の対処や詳しい情報を手に入れておくことが大事です。

探偵の盗聴、盗撮に関する対策方法

例えば、精密機器や高度な知識が必要となる機材のことについても知る必要があります。
近年では盗聴器や盗撮カメラといった高度な機器を使った軽犯罪などが多発しており、このような盗聴器、盗撮カメラは発見が困難であり、実行犯の特定は大変難しくなります。
そのため、警察ではなく対策を自分で取るために、盗聴器発見調査などを探偵が行い、実際の被害に遭わないように、または被害の拡大が進まないようにすることが求められるようにもなってきました。
これらの理由から、ITシステム分野に知識を持つ技術力の高い探偵事務所や調査員も増えてきました。そして、これら探偵事務所の技術力が高くなれば、調査の依頼をする側である依頼人も、それに適したITシステムや機材についての知識を持っておく必要が出てきたのです。

探偵に関する用語はすべて網羅・掲載し、こちらのサイトですべて調べることができるよう作成し紹介しています。 しかし、業界もまだまだ日々進化・改善している段階です。
これからまだまだ、探偵に関する新しい用語が次々と生まれてくる可能性がありますので、常に最新の情報を収集し、 皆様の役に立つよう努めて紹介していきます。
ITについて全く知識を持っていなくても、盗聴や盗聴器に対抗する手段は、防犯対策にもなります。
自宅の防犯対策をおこなうとき、ついでに盗聴対策もしてみようか?と考える人もいらっしゃるのではないでしょうか。
個人情報、プライバシー保護の意識が強くなっている最近では特に、防犯対策も物理的な侵入や攻撃に対して備えるだけではなく、自分や家族の情報が外部に洩れないようにすることが、ここ最近の防犯対策に必要とされてきています。